トラックバイアス&血統研究

トラックバイアス(馬場のクセ)と血統を研究

2024,7,6~7 トラックバイアス結果 (福島競馬場、小倉競馬場、函館競馬場)

 

先週は重賞が2つ行われ、七夕賞(GⅢ)は2番人気のレッドラディエンスが、プロキオンステークス(GⅢ)は1番人気のヤマニンウルスがそれぞれ優勝した。

福島競馬場は水~木曜日に16㎜と土曜日に2㎜の雨が降ったが、馬場状態は芝ダートともに良。芝コースは雨と傷みが出てきたためか、段々と時計が遅くなってきていた。

小倉競馬場は月~火曜日に157.5㎜の雨が降ったが、馬場状態は芝ダートともに良。芝コースは内ラチ沿いに傷みが出てきたが、まだバイアスは出なかった。

函館競馬場は月曜日に0.5㎜、金~土曜日に9.5㎜、日曜日に数ミリの雨が降り、馬場状態は芝は良→稍重、ダートは稍重→重。ダートコースは前の影響か2日間とも前有利のバイアスが出ていた。

では、2024年7月6~7日のトラックバイアスの結果を紹介する。

 

【目次】

 

 

 

 

 

福島競馬場

7/6 予想


7/6 結果



7/7 予想


7/7 結果

 

ダート

7/6 予想


7/6 結果



7/7 予想


7/7 結果

 

【備考】

 

【解説】

・芝

水~木曜日に16㎜と土曜日のレース前までに1.5㎜の雨が降ったが、土曜日の馬場状態は良。その後土曜夜に0.5㎜の雨が降ったが、日曜日は良のまま。

開催2週目。今までのレースでコース全体の内ラチ沿いがデコボコし、3~4コーナーには広範囲に傷みが出ている。2日間とも雨の影響で馬場の表面が緩め。

時計は、土曜日は-1.3秒位、日曜日は-0.8秒位。2日間とも雨の影響と傷みが出てきたこともあり段々と時計が遅くなってきた。

枠と直線の伸びは2日間ともフラット。土曜日は少頭数のレースが多いためか気持ち内枠の好走が多く、日曜日は傷みが出てきたためか気持ち外枠の好走が多かったが、2日間とも基本的にはバイアスは出なかった。

前後は2日間とも展開次第。土曜日は少頭数のレースが多いためか気持ち前残りが多かったが、2日間とも基本的にはバイアスは出なかった。

 

・ダート

水~木曜日に16㎜と土曜日のレース前までに1.5㎜の雨が降ったが、土曜日の馬場状態は良。その後土曜夜に0.5㎜の雨が降ったが、日曜日は良のまま。土曜日の含水率は4~6%台で曇りだったこともあり少し水分が残っていた。日曜日は4~5%台だったが晴れて気温が上がったこともありほぼパサパサに乾燥していたと思われる。

時計は、土曜日は-0.5秒位、日曜日は±0秒位。2日間とも良馬場だったこともあり時計は標準位だった。

枠は、土曜日はフラット、日曜日はフラット~外。土曜日は曇りで朝の雨が乾ききらなかったためかバイアスは出なかった。日曜日は晴れて馬場が乾燥したことと、強風の影響でキックバックが多かったためか外枠有利だった。

直線の伸びは2日間ともフラット。2日間ともバイアスは出なかった。

前後は、土曜日は展開次第、日曜日は前~展開次第。土曜日はバイアスは出なかった。日曜日はそこそこ差しも決まっていたが、勝ち馬はすべて4角2番手以内だったこともあり少し前有利だった。

 

【今週末へ向けて】

・芝

今週の天気は梅雨らしくずっと曇りか雨予報となっている。大気の状態が不安定な日も多いので雨量が急に増えることもあり得るので注意したい。

今週からA→Bコース替わり。これにより3~4コーナー以外のダメージが出ている箇所はカバーされるだろうが、3~4コーナーは広範囲に傷みが出ていたためコース替わりでもカバーしきれないだろう。

良馬場の場合のバイアスは、馬場の軟らかさも関係しそうだが、内ラチ沿いに傷みが残ると思われるので外枠有利、外伸び、差し有利になる可能性がある。時計は、週間や当日の雨量次第で-1.6~-1.0秒位と想定している。

道悪にの場合のバイアスは、内ラチ沿いの傷みの進行次第で外枠有利、外伸び、差し有利になる可能性がある。

 

・ダート

今週の天気は梅雨らしくずっと曇りか雨予報となっている。大気の状態が不安定な日も多いので雨量が急に増えることもあり得るので注意したい。

良馬場の場合のバイアスは、含水率や風向き次第で外枠有利、前有利になる可能性がある。時計は含水率次第で-0.7~±0秒位と想定している。

道悪の場合のバイアスは、近年の福島ダートの道悪の傾向からすると稀に内枠有利、内伸び、前有利になる可能性がある。

 

 

 

 

 

小倉競馬場

7/6 予想


7/6 結果



7/7 予想


7/7 結果

 

ダート

7/6 予想


7/6 結果



7/7 予想


7/7 結果

 

【備考】

 

【解説】

・芝

月~火曜日に157.5㎜の雨が降ったが、馬場状態は2日間とも良。

開催2週目。今までのレースでコース全体の内ラチ沿いがデコボコし、3~4コーナーの内ラチ沿いには傷みが出始めた。先週は水曜日以降に雨が降らなかったこともあり馬場の硬さは標準位。

時計は、土曜日は-1.2秒位、日曜日は-1.0秒位。2日間とも良馬場だったこともあり速めの時計が出ていた。しかし、日曜日は強風の影響か時計の出方が一定しなかったが、おおむね-1.0秒位だと思われる。

枠と直線の伸びは2日間ともフラット。日曜日は1枠の好走も多かったが、2日間とも基本的にはバイアスは出なかった。

前後は2日間とも展開次第。日曜日は4角で後ろ過ぎると厳しいが、2日間とも基本的にはバイアスは出なかった。

 

・ダート

月~火曜日に157.5㎜の雨が降ったが、馬場状態は2日間とも良。含水率は1~2%台だったため2日間ともカラカラに乾燥していた。

時計は2日間とも-0.3秒位。2日間とも良馬場だったこともあり時計は標準位だった。

枠と直線の伸びは2日間ともフラット。2日間ともバイアスは出なかった。

前後は、土曜日は展開次第、日曜日は前~展開次第。土曜日はどちらかというと前残りが多かったが、基本的にはバイアスは出なかった。日曜日は差しもそこそこ決まっていたが、勝ち馬はすべて4角2番手以内だったこともあり少し前有利だった。

 

【今週末へ向けて】

・芝

今週の天気は、月~火曜日は晴れか曇り、水曜日以降は曇りか雨予報となっている。大気の状態が不安定で発雷確率が高めの日もあるため、急な雷雨にも注意したい。

良馬場の場合のバイアスは、内ラチ沿いに傷みが出てきたのでどこかのタイミングで外枠有利、外伸び、差し有利になる可能性がある。時計は、週間や当日の雨量次第で-1.0~-0.6秒位と想定している。

馬場状態が稍重~重程度の場合は、馬場が軟らかくなりそうなので外枠有利、外伸び、差し有利になる可能性がある。

馬場状態が不良程度の場合は、馬場がグチャグチャでタフになりそうなので、ロスが少ない内枠有利、前有利、直線も傷みが出てくると外伸びになる可能性がある。

 

・ダート

今週の天気は、月~火曜日は晴れか曇り、水曜日以降は曇りか雨予報となっている。大気の状態が不安定で発雷確率が高めの日もあるため、急な雷雨にも注意したい。

良馬場の場合のバイアスは、今開催の傾向からすると前有利になる可能性がある。時計は含水率次第で-0.4~±0秒位と想定している。

道悪の場合のバイアスは、近年の小倉ダートの道悪の傾向からすると内枠有利、内伸び、前有利になる可能性がある。

 

 

 

 

 

函館競馬場

7/6 予想


7/6 結果



7/7 予想


7/7 結果

 

ダート

7/6 予想


7/6 結果



7/7 予想


7/7 結果

 

【備考】

 

【解説】

・芝

月曜日に0.5㎜と金~土曜日のレース前までに9.5㎜の雨が降ったが、土曜日の馬場状態は良。日曜日はレース前から4R頃まで数ミリの雨が降り、日曜日は稍重に悪化。

開催5週目、先週からA→Bコース替わり。これにより3~4コーナー以外の内ラチ沿いのダメージはカバーされたが、3~4コーナーは広範囲に傷みが出ていたため内ラチ沿いに傷みが残っていた。そしてこの2日間のレースでコース全体の内ラチ沿いに少し傷みが出始め、3~4コーナーの内ラチ沿いには広範囲に傷みが出てきた。2日間とも雨の影響で馬場は軟らかかった。

時計は、土曜日は±0秒位、日曜日は+2.3秒位。2日間とも雨の影響で時計は遅かったが、日曜日の方が雨量が多かったためより遅くなった。

枠は、土曜日は内~フラット、日曜日はフラット。土曜日は少頭数のレースが多いこともあるのだろうが、外枠過ぎると厳しかったため少し内枠有利だった。日曜日は気持ち外枠の好走が多かったが、基本的にはバイアスは出なかった。

直線の伸びは2日間ともフラット。2日間ともバイアスは出なかった。

前後は2日間とも展開次第。土曜日は4角で後ろ過ぎると厳しく、日曜日は一定以上の決め手が要求されていたが、2日間とも基本的にはバイアスは出なかった。

 

・ダート

月曜日に0.5㎜と金~土曜日のレース前までに9.5㎜の雨が降り、土曜日の馬場状態は稍重。日曜日はレース前から4R頃まで数ミリの雨が降り、日曜日は重に悪化。

時計は、土曜日は-1.1秒位、日曜日は-2.4秒位。土曜日は良馬場に近い稍重だったこともあり、そこまで時計は速くならなかった。日曜日は重だったこともあり速い時計が出ていた。

枠と直線の伸びは2日間ともフラット。日曜日は8枠の好走が多かったが、2日間とも基本的にはバイアスは出なかった。

前後は、土曜日は前、日曜日は前~展開次第。土曜日は馬券圏内がすべて4角4番手以内だったこともあり前有利。日曜日はそこそこ差しも決まっていたが、勝ち馬はすべて4角3番手以内だったこともあり少し前有利だった。

 

【今週末へ向けて】

・芝

今週の天気は、火曜日は曇りか雨、他は晴れか曇り予報だが、降水確率が高めの日もあるため週末の雨の有無によって今週末の馬場状態が決まりそうだ。

良馬場の場合のバイアスは、内ラチ沿いに傷みが出ているため外枠有利、外伸び、差し有利になる可能性がある。ただ、内ラチ沿いを避けるようになると枠と前後のバイアスは出にくくなるか、前有利になることもあり得る。

道悪の場合のバイアスは、馬場が軟らかくなりそうなので出にくいか、内ラチ沿いにさらに傷みが出てくると外枠有利、外伸び、差し有利になる可能性がある。

 

・ダート

今週の天気は、火曜日は曇りか雨、他は晴れか曇り予報だが、降水確率が高めの日もあるため週末の雨の有無によって今週末の馬場状態が決まりそうだ。

良馬場の場合のバイアスは、含水率や風向き次第で外枠有利、前有利になる可能性がある。時計は含水率次第で-1.1~-0.6秒位と想定している。

道悪の場合のバイアスは、近年の函館ダートの道悪の傾向からすると内枠有利、内伸び、前有利になる可能性がある。

 

 

 

 

にほんブログ村 競馬ブログ 馬場適性理論へ
にほんブログ村

 


競馬・血統理論ランキング