トラックバイアス&血統研究

トラックバイアス(馬場のクセ)と血統を研究

2021,1,16~17日のトラックバイアス予想の更新について

身内の不幸のため、2021年1月16~17日の『トラックバイアス予想』の更新を見送らせていただきます。申し訳ございませんがご了承のほどお願いいたします。 なお、『トラックバイアス結果』については、いつもより遅くなるかもしれませんが更新いたします。 来…

2021,1,9~11 トラックバイアス結果 (中山競馬場、中京競馬場)

先週は2つの3歳重賞が行われ、シンザン記念(GⅢ)はピクシーナイトが、フェアリーステークス(GⅢ)はファインルージュがそれぞれ優勝しクラシックに名乗りを上げた。 中山競馬場は週間に雨が降らず馬場状態は3日間とも良。芝コースは馬場がタフな状態だからか、…

2021,1,11 月曜日 トラックバイアス予想 (中山競馬場、中京競馬場)

1月11日は3日間開催の最終日となる。2場とも芝コースは馬場に傷みが出ておりバイアスが出る可能性があるので注意したい。 中山競馬場は週間に雨が降らず、日曜夜時点の馬場状態は芝ダートともに良。芝コースは直線に傷みが出ているため、外伸び、差し有利の…

2021,1,10 日曜日 トラックバイアス予想 (中山競馬場、中京競馬場)

3日間開催の2日目である1月10日は中京競馬場でシンザン記念(GⅢ)が行われる。気温が低く馬場がタフになりやすいため、バイアスが出る可能性があるので確認しておきたい。 中山競馬場は週間に雨が降らず、土曜夜時点の馬場状態は芝ダートともに良。ダートコー…

2021,1,9 土曜日 トラックバイアス予想 (中山競馬場、中京競馬場)

ついこの前に東西の金杯があったばかりだが、すぐさま今週末は3日間の開催となる。気温が低い日が続くため芝ダートともにタフな状態になるかもしれないので注意したい。 中山競馬場は週間に雨が降らず、金曜昼時点の馬場状態は芝ダートともに良。芝コースは…

2021,1,5 火曜日 トラックバイアス結果 (中山競馬場、中京競馬場)

2021年の最初の開催が1月5日に行われ、中山金杯(GⅢ)は1番人気のヒシイグアスが、中京競馬場で行われた京都金杯(GⅢ)は12番人気のケイデンスコールがそれぞれ優勝した。 中山競馬場は12月30日に3㎜の雨が降ったが、馬場状態は芝ダートともに良。芝はA→Cコース…

2021,1,5 火曜日 トラックバイアス予想 (中山競馬場、中京競馬場)

1月5日から2021年の開催が始まる。例年は中山と京都競馬場の2場開催だが、今年は京都競馬場が改修工事のため中山と中京競馬場の2場開催となっており、例年と時計やバイアスが変わりそうなので注意したい。 中山競馬場は12月30日に3㎜の雨が降ったが、月曜昼…

【2020年度新種牡馬 2歳リーディング】6位~10位をデータで分析

前回の2020年度新種牡馬リーディングはドゥラメンテやモーリスを紹介したが、今回はダノンレジェンド、ラブリーデイ、ホッコータルマエなど一癖も二癖もありそうな種牡馬が多くなっている。特にダート向きと思われる種牡馬はこれから勝ち鞍が増えてくるかも…

【2020年度新種牡馬 2歳リーディング】1位~5位をデータで分析

2020年度にデビューした新種牡馬はだいたい例年並みの約30頭ほどいる。中でもドゥラメンテやモーリスはクラシック向き、アジアエクスプレスやホッコータルマエはダート向きといったような配合を意識しているように感じる。例年よりも様々なタイプの種牡馬が…

2020,12,26~27 トラックバイアス結果 (中山競馬場、阪神競馬場)

12月27日に有馬記念(GⅠ)が行われ、向こう正面から徐々に進出したクロノジェネシスが直線で抜け出すと、2着のサラキアをクビ差凌いで優勝し春秋グランプリ制覇を達成した。 中山競馬場は週間に雨が降らず、馬場状態は芝ダートともに良。芝コースは3~4コーナ…