トラックバイアス&血統研究

トラックバイアス(馬場のクセ)と血統を研究

2021年トラックバイアス結果

2021,4,3~4 トラックバイアス結果 (中山競馬場、阪神競馬場)

4月4日、日曜日に大阪杯(GⅠ)が行われ、速めのペースで逃げたレイパパレが直線でもリードをそのまま広げ2着のモズベッロに4馬身差をつけ優勝し、デビューから6連勝となった。 中山競馬場は月曜日に42㎜の雨が降ったが、2日間の馬場状態は芝ダートともに良。芝…

2021,3,27~28 トラックバイアス結果 (中山競馬場、阪神競馬場、中京競馬場)

3月28日、日曜日に高松宮記念(GⅠ)が行われ、中団の外を追走したダノンスマッシュが直線で上がり3ハロン1位の末脚を繰り出して優勝し、去年12月の香港スプリント(GⅠ)に続きGⅠを2連勝した。 中山競馬場は月曜日に2.5㎜、木曜日に1㎜、日曜日に数ミリの雨が降り…

2021,3,20~21 トラックバイアス結果 (中山競馬場、阪神競馬場、中京競馬場)

先週は4つの重賞が行われ、ファルコンステークス(GⅢ)は3番人気のルークズネストが、フラワーカップ(GⅢ)は5番人気のホウオウイクセルが、スプリングステークス(GⅡ)は3番人気のヴィクティファルスが、そして阪神大賞典(GⅡ)は3番人気のディープボンドがそれぞれ…

2021,3,13~14 トラックバイアス結果 (中山競馬場、阪神競馬場、中京競馬場)

先週は3つの重賞が行われ、中山牝馬ステークス(GⅢ)は7番人気のランブリングアレーが、フィリーズレビュー(GⅡ)は8番人気のシゲルピンクルビーが、そして金鯱賞(GⅡ)は圧倒的最低人気で単勝227.3倍のギベオンがそれぞれ優勝した。 中山競馬場は月曜日に6.5㎜と…

2021,3,6~7 トラックバイアス結果 (中山競馬場、阪神競馬場、小倉競馬場)

先週は春のGⅠシリーズへ向けた重要なステップレースが3つ行われ、チューリップ賞(GⅡ)はメイケイエールとエリザベスタワーが同着で、弥生賞ディープインパクト記念(GⅡ)はタイトルホルダーが、そしてオーシャンステークス(GⅢ)はコントラチェックがそれぞれ優勝…

2021,2,27~28 トラックバイアス結果 (中山競馬場、阪神競馬場、小倉競馬場)

先週は春のGⅠ戦線へ向けての重要な重賞が2つ行われ、阪急杯(GⅢ)はレシステンシアがレコードタイムで、中山記念(GⅡ)はヒシイグアスがそれぞれ優勝した。 中山競馬場は週間に雨が降らず、馬場状態は芝ダートともに良。芝コースは開幕週で馬場が良好だったこと…

2021,2,20~21 トラックバイアス結果 (東京競馬場、阪神競馬場、小倉競馬場)

先週は2021年初のGⅠとなるフェブラリーステークスが行われ、好スタートから好位のインを追走したカフェファラオが直線で抜け出すと、差してきたエアスピネルに4分の3馬身差をつけ優勝した。 東京競馬場は月曜日の50.5㎜の雨が降ったが、馬場状態は芝ダートと…

2021,2,13~14 トラックバイアス結果 (東京競馬場、阪神競馬場、小倉競馬場)

先週は3つの重賞が行われ、クイーンステークス(GⅢ)はアカイトリノムスメが、共同通信杯(GⅢ)はエフフォーリアが、そして京都記念(GⅡ)はラヴズオンリーユーのそれぞれ良血馬が優勝した。 東京競馬場は週間に雨が降らず、馬場状態は芝ダートともに良。芝コース…

2021,2,6~7 トラックバイアス結果 (東京競馬場、中京競馬場、小倉競馬場)

先週は2つの重賞が行われ、きさらぎ賞(GⅢ)は3番人気のラーゴムが、東京新聞杯(GⅢ)は5番人気のカラテがそれぞれ先行集団から抜け出し優勝した。 東京競馬場は火曜日に3.5㎜の雨が降ったが、馬場状態は芝ダートともに良。芝コースは週間の雨量が少なく馬場が硬…

2021,1,30~31 トラックバイアス結果 (東京競馬場、中京競馬場、小倉競馬場)

先週は2つの重賞が行われ、中京競馬場で行われたシルクロードステークス(GⅢ)は4番人気のシヴァージが、根岸ステークス(GⅢ)は1番人気のレッドルゼルがそれぞれ優勝し、春のGⅠシリーズへ向けて好発進となった。 東京競馬場は月曜日に1㎜と水曜日に0.5㎜の雨、…

2021,1,23~24 トラックバイアス結果 (中山競馬場、中京競馬場、小倉競馬場)

先週は2つの重賞が行われ、アメリカジョッキークラブカップ(GⅡ)は1番人気のアリストテレスが、東海ステークス(GⅡ)は2番人気のオーヴェルニュがそれぞれ優勝した。 中山競馬場は土曜日に20㎜と日曜日に数十ミリの雨が降り、馬場状態は芝はやや重→不良、ダート…

2021,1,16~17 トラックバイアス結果 (中山競馬場、中京競馬場、小倉競馬場)

先週は重賞が3つあり、愛知杯(GⅢ)はマジックキャッスルが、京成杯(GⅢ)はグラティアスが、そして日経新春杯(GⅡ)はショウリュウイクゾがそれぞれ優勝した。 中山競馬場は火曜日に1㎜の雨が降ったが、馬場状態は2日間とも良。芝コースは馬場にダメージが蓄積さ…

2021,1,9~11 トラックバイアス結果 (中山競馬場、中京競馬場)

先週は2つの3歳重賞が行われ、シンザン記念(GⅢ)はピクシーナイトが、フェアリーステークス(GⅢ)はファインルージュがそれぞれ優勝しクラシックに名乗りを上げた。 中山競馬場は週間に雨が降らず馬場状態は3日間とも良。芝コースは馬場がタフな状態だからか、…

2021,1,5 火曜日 トラックバイアス結果 (中山競馬場、中京競馬場)

2021年の最初の開催が1月5日に行われ、中山金杯(GⅢ)は1番人気のヒシイグアスが、中京競馬場で行われた京都金杯(GⅢ)は12番人気のケイデンスコールがそれぞれ優勝した。 中山競馬場は12月30日に3㎜の雨が降ったが、馬場状態は芝ダートともに良。芝はA→Cコース…